製品情報

製品情報

特機研削

排気弁棒弁座研削盤

永年にわたる船舶機器納入の信頼性と、専用工作機の技術を活かし、大型船舶用エンジンの給・排気弁棒や研削盤の開発・商品化に取り組み見事に成功しました。
高い技術力が生み出す精度は、海外の製品群と比べても、その水準の上をいくものであると自負致しております。

用途

エンジンの排気弁棒弁座の研削

特長
  • 各エンジンメーカの種類に対応した機種を揃えています。 MAN(ボア径30~90)、UEC(ボア径33~85)等
  • 砥石は本機に付属しているもので、荒研削(0.01切込)と仕上(0.005切込)の作業が行えます。
  • 供給電圧は基本440Vですが、200V、100Vの仕様にも対応できます。(オプション)
主な仕様
基本型式 砥石径 砥石回転数 砥石スピンドル 工作物回転数 基本シート角度 対応エンジン型式
A φ90 4800rpm 内作品 8~10rpm 30° 46,50,60,70,80,90MC
UEC68ⅡSE,UEC75LSⅢ
UEC85LSⅢ
B φ65 14000rpm 日立工機GL7 8~10rpm 30° 35,42MC
UEC33,37,50,60LSⅡ
UEC52LS,60LS 等
C φ65 14000rpm 日立工機GL7 8~10rpm 40°(機械式) UEC37,45,52