製品情報

製品情報

油機潤滑

フローセンサー(吐出センサー)

フローセンサー(吐出センサー)は、電子式タイミング注油システム末端での注油タイミングを フィードバックする目的で開発されたもので、高速・高感度の液体吐出確認用センサーです。
■FLSシリーズ〈低速・低流量センサー〉 微小容積ピストンと動圧弁を併用した形式です。

用途

付属機器

特長
  • 舶用ディーゼルエンジンのシリンダ等、高温・高振動の過酷な環境でも使用できる堅牢なつくりです。
  • 流体通路と電子部品の完全分離設計により、耐圧・耐熱性に優れ漏液の心配もありません。
  • 着磁や電触の心配もなく、油の吐出確認用に使用できます。
FLSセンサーの主な仕様
使用最大耐圧
50Mpa
最高使用温度
200℃(120℃)
使用時耐震性
15G
最小検知流量
0.002㎤(0.005㎤)
検知作動圧力
0.2Mpa
検知最小流速
0.0005㎤/sec
検知流体
防水性能
IP65
センサーアンプの主な仕様
供給電源 / 使用周囲温度
DC24V ±25% 0~50℃
45mA
吐出動作出力 / ノンフロー異常出力
単独フォトカプラー 絶縁2点出力
最大出力定格 30VDC50mA
警報監視時間 / リセット機能
0.5~200秒 電源リセット
間欠/連続切替
外形寸法 / 重量
DINレール取付
45×70×109mm 140g

その他センサー仕様について
検知流体・検知流量については、ご要望に合った設計をいたします。ご相談下さい。