製品情報

製品情報

油機潤滑

電磁式タイミング注油器(EDL)システム

■EDL(Electro-magnetic Direct Lubrication System)とは

● 独立分散型の直動注油システムです。
他の電子注油器と違い、共通の油圧ポンプシステムが不要です。
● 制御機能組込型のタイミング注油を行います。
制御信号を受け電気的に直接送油プランジャーを高速駆動することにより、高速且つ高効率なピンポイント注油が可能です。

特長
  • 安価(システムとして)
     他の電子注油システムのように、油圧ポンプシステムが必要ありません。
     従来のシステム同様ヘッドタンクからの供給で、システムライセンス料も不要です。
  • 長寿命
     機械動作衝撃がなく、繊細な電磁弁も使用しておらず高寿命です。(1億サイクル以上)
  • 省エネ・省スペース
     制御回路は各々の注油器に内装されており、注油タイミングや故障状態を外部出力します。
     又、注油の一瞬だけ電力消費して仕事をする為、エネルギー使用効率が極めて高くなっています。
     (180cpm時に約20W)
     油圧ポンプユニットが不要な為、省エネ・省スペースです。
  • 高速
     最大180回/分での駆動が可能です。(正味吐出時間2~3msec)
最大吐出口
4口~2口
最大吐出圧力
4Mpa~20Mpa
吐出量
0.1cc~0.015cc(50~100%可変)
質量
10kg
運転周囲温度
-10~+65℃(70℃ 2時間)
EDLシステム構成・制御

気筒毎に1~2台のEDLポンプを設置し、EDLポンプから複数の注油棒に接続するとともに、ヘッドタンクから各EDLポンプの油供給口に油を供給します。

制御盤内に共通電源ユニットを組み込み、電源と入出力信号を多芯ケーブルにて制御盤から、各EDLポンプコネクターに接続します。

各EDLポンプには、制御電源以外に1つの入力と2つの出力があり、制御装置とはハンドシェイクにて双方向通信を行います。

※基本的なタイミング制御方法や、異常処理等の基本制御手順については、弊社(山科精器)がマニュアル提供致しますが、  メーカ独自の注油量制御や、それを支配する可変パラメータ、設定操作仕様などにおきましては、  各社各様の仕様が考えられますので、オープンエンド仕様を原則としています。