製品情報

製品情報

油機潤滑

MPL注油システム

MPL(Mechanical Pulse Lubricating System)は、従来の機械式注油器にてシリンダ注油効率を大幅に 改善した、圧力波送油方式によるシリンダ注油システムです。 従来の機械式注油器と同じ機構で、低コストで電子制御式と同等の注油率を実現しました。

特長
  • 世界で初めて、機械式注油システムで未踏の領域達成。
  • 既設の注油器にてシリンダ潤滑油量0.5g/Ps・hを達成!
  • PC弁にて高速の圧力波に変換して送油します。
  • ノズルとシリンダライナ溝の工夫により、油を周上に広げ油膜形成しやすくしました。
  • 送油をLEDランプの点灯で確認でき、エンジンルームでの視認性が向上します。
  • 潤滑油ドレンを削減出来ることから、環境保全にも役立ちます。
  • 基本的に既設の機械式注油器を改造して使用するため、工事が簡単で操作も変わりません。
  • MPL注油システムで特許出願中。
システム構成

改造工事の際、取り替える部品を          で示しています。MPLシステム搭載の際には、シリンダライナに溝加工を施す必要がありますが、専用工具でピストンを抜かずに工事が可能です。(B&W. UFC Type)

注油タイミングと範囲

MPLは従来の機械式と同じ機構で電子制御式に比べ「低コスト」で「同等の低い注油率」を実現